ティモティア保水バリアクリームにステロイドが入ってるってほんと?

ティモティア保水バリアクリームは口コミなどで乾燥肌対策などに評判ですよね。
でも、そんなティモティア保水バリアクリームに”ステロイド入り!”なんて噂が。

 

この噂、本当なんでしょうか?

 

 

ティモティア保水バリアkクリームにはステロイドは入っていません!

ストレートに結論からいうと、ティモティア保水バリアクリームにはステロイドは含まれていません。

 

成分表示をしっかり確認したので間違いはないでしょう。

 

ただ、入ってもないステロイドが、ティモティア保水バリアクリームに入っているといううわさが出たのか?ちょっと気になりますよね。

 

 

わたしも、自分がティモティア保水バリアクリームを使っているということもあるので、ステロイドが入っていたら大問題なので、いろいろ調べてみました。

 

 

ティモティアの化粧品には、ティモティア保水バリアクリーム以外にもクレンジング、ソープ、化粧水、敏感肌用のバリアバランスシリーズなどいくつかの商品があります。

 

その一つ一つの成分を見ていく中で一つ気になる成分がありました。
それが、

 

“セイヨウアカマツ葉油”

 

という成分。

 

調べたところ、セイヨウアカマツ葉油には、肌の収れん、消炎作用などがあります。
(参照→ Cosmetic-info

 

 

 

抗炎症作用が高いとされているため、アトピーなどにも良いということで、もしかするとそういう情報を見て、ティモティアにステロイドが含まれているという噂がたったのかもしれませんね。

 

確かに、アトピーにいい!なんて聞くと、アトピーに効く=ステロイド みたいなイメージありますからね。

 

 

でも、ティモティアの商品の中でもセイヨウアカマツ葉油が配合されているのいがバリアバランス保湿ジェルで、ティモティア保水バリアクリームには配合はされていません。

 

念のため、ティモティア保水バリアに配合されている公式の成分表の内容を書きますね。

 

 

【全成分】
水・BG・グリセリン・シクロヘキサシロキサン・ラウロイルサルコシンイソプロピル・ステアリルアルコール・ステアリン酸グリセリル(SE)・ベタイン・トレハロース・DPG・PEG−60水添ヒマシ油・(ヒマワリ種子油/水添ヒマワリ種子油)エステルズ・ベヘン酸・トリエチルヘキサノイン・1,2−ヘキサンジオール・べへネス−30・ワセリン・ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)・クエン酸Na・ナイアシンアミド・セラミドNG・ベントナイト・アルギニン・セラミドNP・酢酸トコフェロール・エチルヘキシルグリセリン・グリコシルトレハロース・シクロペンタシロキサン・トコフェロール・加水分解水添デンプン・クエン酸・PCA−Na・乳酸Na・アスパラギン酸・PCA・ポリ−ε−リシン・ヒアルロン酸Na・グリシン・アラニン・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・フェニルアラニン・ヒスチジン

 

 

ティモティア保水バリアクリームの安全性

ティモティア保水バリアクリームには、ステロイドが配合されていないというのが分かったとおもいます。

 

もともとティモティア保水バリアクリームは、敏感肌の方でも安心して使うことができる保湿クリームになっています。

 

 

公式サイトのQ&Aにも、子供、乳幼児にも使えるか?という質問があって、そこには、

 

ティモティア保水バリアクリームのQ&A

 

このように書かれています。

 

つまり、乳幼児でも安心して使えるような安全な成分を使って作られているというわけですね。

 

もちろん、使用感などは個人差があるので、実際には使ってみないとわからない部分もあります。
そのために、ティモティア保水バリアクリームには、お得なお試し価格で購入できるキャンペーンもおこなっていますよ!

 

ティモティア保水バリアクリームの500円お試しについてはコチラ